岐阜市 "旅する家"『トラベルハウス S/L』 の仕様とオプション 【岐阜の 軽トラ キャンピングカー・モバイルハウス】 オートリペアカワシマ

  • HOME
  • トラベルハウス
  • "旅する家"『トラベルハウス S/L』 の仕様とオプション 【岐阜の 軽トラ キャンピングカー・モバイルハウス】

"旅する家"『トラベルハウス S/L』 の仕様とオプション
【岐阜の 軽トラ キャンピングカー・モバイルハウス】

■フルオプションイメージ

実際にはこれほど沢山のオプションを付けなくても「移動可能な部屋」として活用可能です。

■基本仕様イメージ

こちらをベースに必要なオプションを取付けていただく事をお勧めします。

 ■『トラベルハウス S/L』のカスタマイズについて


シェル内はオーナー様のDIYで仕上げしていただく事も可能ですが、ここでご紹介させていただく各種オプションは、作成後に変更や追加をする事ができないものが多いので、是非ともご自身にぴったりのシェルをじっくり考えていただくと良いですよ。
(※これらの仕様については予告なく変更になる場合もございます。ご了承ください)

 ■これだけのプライベート空間が常に共に有る安心感。

シェル内はオーナー様のDIYで仕上げしていただく事も可能ですが、このページでご紹介させていただく各種オプションは、作成後に変更や追加をする事ができないものが多いので、是非ともご自身にぴったりのシェルをイメージしてみてください!

キャンピングカー仕様ならではのオプション・カスタマイズで”居住性”が向上。"車中泊" や "クルマ旅" なども快適に行える "軽トラハウス" に出来ます。

小窓(左)(右)外観

グラスボックス外観

■窓フルオプション
上段:小窓(左)(右)
正面:グラスボックス

小窓(左)

小窓(右) ※下段は標準窓

グラスボックス

 ■オプション窓
『小窓(左)(右)』・『グラスボックス』

■オプション小窓(左)(右)
「トラベルハウスS/L」には標準装備の窓が付いていますが、オプション小窓を①小窓(左)→②小窓(右)の順番で最大2つまで追加していくことが出来ます。「小窓」の追加によって様々なメリットを得られます。
○涼しさUP。暑い季節の風通しが良くなる。
○解放感UP。外の光がシェル内に入り込み室内が明るくなる。
○居心地UP。「二階ベッド」ニ階部分の窓として機能するので、就寝時の居心地が良くなる。

■グラスボックス
「グラスボックス」は、シェル室内の正面(車両キャビン側)に窓を設置し、軽トラックのリアガラスをスライド式に変更します。車内とシェル内を繋ぐことで様々なメリットが得られます。(※アクティやハイゼットR3.12~等取付け不可な車両有り)
○小さな荷物なら車内からシェル内に移動させられる。
○ペット同伴の旅ではシェル内を覗けるので安心。
○カーエアコンでシェル内をある程度 冷暖房できる。

バンクベッドを生かしたベッド

まず一階フロアを取り外して、

次にニ階ベッドを取り外すと、

ベッドキットを格納出来ます。

 ■オプション家具
二階ベッド(ニ段ベッド)

普段使いのスペースの他にバンクベッド部分をいかして「ニ階ベッド」のキットを展開する事で就寝専用のスペースを確保する事が出来ます。また、一階部分もL型ボックス椅子にパネルを組み合わせてフラットスペースに出来ます。車としての乗車定員は最大2名なのですが、こうする事で最大で大人4人が寝ころべるスペースを確保することが出来ます。
※写真のシェルではオプションの小窓(左)と小窓(右)を取付けてあるので、窓付きの就寝スペースとなっています。

 ■オプション家具
『L型ボックス椅子』

■荷物収納にも役立つ「L型ボックス椅子」
ベンチのように良い感じにくつろげるだけでなく、座面下の収納スペースに旅に必要な荷物を入れておくことで床下収納的な空間の使い方になり室内空間を有効に使えます。

軽トラ ハウスの場合、走行中はシェル内の荷物をしっかり収納しておく必要が有るのですが、「L型ボックス椅子」はベンチのように良い感じにくつろげるだけでなく、座面下の収納スペースに旅に必要な荷物をしっかり収納しておけるので大丈夫です。床下収納的な空間の使い方なので室内空間を有効に使えます。

バッテリーセット(椅子セット)

バッテリーセット(単体)

ソーラーパネル(Sは最大2枚迄)

エアコン

 ■電装オプション
『バッテリー&ソーラパネル』『エアコン』

■バッテリーセット ※2022.1受注分よりバッテリーセットが以下の内容より変更になります。詳細をは後日ご紹介。
『バッテリーセット』を搭載する事で、夜間照明からある程度の家電製品までを稼働させるのでシェル内が本当に快適になります。(※バッテリーセットはL型ボックス椅子を搭載する場合としない場合でレイアウトが異なります)
▼充電方法が異なる3種類のバッテリーセットの設定が有ります。
①シェル外壁に付いている外部端子を通して家庭用コンセント等からサブバッテリーに充電するバッテリーセット。外部端子についてはシェルの外壁右についており、バッテリーセットに電気を入力するだけではなく、逆にシェル外に電源を出力する事も出来ます。
②屋根の上のソーラーパネルによる太陽光発電でサブバッテリーに充電するバッテリーセット。パネルは枚数はトラベルハウスSは最大2枚でトラベルハウスLは最大1枚を搭載可能です。
③上記の両方でサブバッテリーに充電するバッテリーセット。

■エアコン
消費電力が大きいので上記バッテリーセットでの稼働はおススメではないのですが、自宅に停車中の書斎としての使用時やRVパークでの車中泊など外部電源を確保しながらだと大活躍します。冷暖房が可能なのでトラベルハウスで年中快適に活動する事が可能になります。

※クリックで画像拡大致します。

 ■カラー オプション
外装色・内装色・床色を選択可能です。


●外装色・・全5色(カラー サンプル上段)
(左から ブルー/ブラウン/シルバー/グリーン/ホワイト)
標準色はホワイト・シルバーの2色。その他に3色がオプション カラー。

●内装色(壁・天井)・・全5色(カラー サンプル中段)
(左から シダーホワイト/マロンブラック/ジェード/シナ/ニレ)
標準色はシダーホワイト。その他4色がオプション カラー。
※壁と天井については、それぞれに上記から別カラーを設定する事も可能です。

●床色・・全5色(カラー サンプル下段)
(左からウォルナット/キャラメイプル/テラコッタ/ペイントウッド/タキロン防滑シート)
標準色はウォルナット。その他4種類がオプション カラー。

シェル単体でお好みのカラーにするのも、軽トラックのカラーとのコーディネートを楽しむのも良いですね!

四角いLED照明は基本装備。

ニ階はこのような感じです。秘密基地みたいな感じもします。

窓からこぼれる明かりが暖かい♪「ただいま~(^-^)」

ドアには市販のマグネット用品等が貼り付けられます。

 ■番外コラム
”キャンピングカー”と『軽トラ ハウス(モバイル ハウス)の違いとは!?(゜o゜)

『トラベルハウス』は住宅用建材で作成されたメーカー製の『軽トラハウス(モバイルハウス)』です。キャンピングカーは室内に入ると「キャンピングカーの中に居る」という感覚ですが、トラベルハウスは「軽トラハウス」というだけあって「家の中の部屋に居る」という感覚になり、とても落ち着いた気分になれます。(確かにキャンピングカーの一種でもあるのですが) 因みに、作り立てのシェル内は新築のお家と同じような香りが漂っているのですよ! 軽トラハウスって面白いですね(^-^)

 ■『トラベルハウス』のことは正規販売店『ロータスカワシマ店』へお気軽にお任せください!

「ロータスカワシマ」とは弊社(株式会社オートリペアカワシマ)が加盟している国内最大級の自動車整備工場グループ「ロータスクラブ」における通称名です。お車の事でお困りの際もお任せ下さい! 
すぐお隣の山県市・本巣市からはじまり、瑞穂市・大垣市・各務原市・関市など、近隣の地域のお客様にもご愛顧いただいております(^^)/ とにかくお気軽にご利用下さい!
弊社のこだわり 車検・修理
▼トラベルハウスの詳細はこちら
トラベルハウス TOPページ
★既に『トラベルハウス』に適合可能な軽トラックをお持ちの場合はシェル単体でのご購入も可能です。

★『トラベルハウス』と軽トラックを同時購入の場合はカー リースやローンのご利用も可能です。

トラベルハウス の カーリース

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検・板金塗装・カー リース・トラベルハウス 等
お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

★全業務で国産全メーカー(レクサスは除く)お任せいただけます!
※輸入車の作業については引き受けを控えさせていただいております。

※不正改造車の作業依頼はお断りさせていただきます。



お電話でのお問合せは
058-232-4185
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!