岐阜市 【岐阜市 軽トラ キャンピングカー モバイルハウス】 "旅する家"『トラベルハウス』実機インプレッション! オートリペアカワシマ

画像

  • HOME
  • トラベルハウス
  • 【岐阜市 軽トラ キャンピングカー モバイルハウス】 "旅する家"『トラベルハウス』実機インプレッション!

【岐阜市 軽トラ キャンピングカー モバイルハウス】
"旅する家"『トラベルハウス』実機インプレッション!

 ~はじめに~

皆さん。「モバイルハウス」(別名:軽トラハウス、軽トラキャンピングカー)のことは既にご存じですか(゜o゜)?
最近、YouTubeやTV番組においてこの「モバイルハウス」が人気を博してきました。

直訳すると「モバイル:持ち運べる」+「ハウス:家」=”持ち運べる家”となるのですが、これは、主に軽トラックの荷台に小屋(シェル)を作って移動可能なプライベート空間として利用してみようというものです。

試行錯誤しながらこのモバイルハウスをDIYで自作してみようという強者(つわもの)の皆さんも結構見えるようで、ちょっとしたブームになっているのです。
手作り感満点のモバイルハウス達は見ているだけで楽しげで、なかには車中泊しながら生活・・というか、もう既に”住んでしまっている”方々もお見えになるようです。なんだか凄いですね(^-^;!

しかし、この「モバイルハウス」 せっかく色々な用途に活用できそうな素材なのに、DIYで製作までしてしまうような強者(つわもの)の皆さん以外には、YouTubeやTV番組において楽しむための「珍しい物」で終わってしまっているのではないかな?・・と勿体なく感じたり、、
DIY製作されたモバイルハウスの雨漏り・破損等の運用中のハプニング動画などを面白可笑しく拝見しながら、その半面で、残念ながらわかった事もありました(._.)。。

●モバイルハウスを一定以上の品質で製作するのはかなり難しい。
●モバイルハウスをDIY製作するのは面白そうでもあるけど、かなりの時間と労力が掛かる。
●モバイルハウスは定期的な補修をしないと性能を維持するのが難しい。(雨漏り等が起こる)


「トラベルハウス」もこの「モバイルハウス」に分類されるものかと思うのですが、初めて見た時はその品質の良さに驚いたものです。
↓↓↓↓

 ■初遭遇! その見た目にインパクト有り。


その日やってきた一台のトラベルハウスに思わずじっと注目(@_@)

キャンピングカーシェルを乗せた軽トラックが大きく見える驚き。
キャンピングカーシェルには珍しいカクカクした形状の新鮮さ。
「どこからどう見ても家用のドア」なドアが付いている意外性。
そして心の底からふつふつと湧き上がってくる”謎のワクワク感”!

トラベルハウスを事前に写真で見た時にも感じた事なのですが、やはり実機を前にしてみると違いますね(;^ω^)

これらの感情が更に大きくなりました⤴⤴

 ■既存のキャンピングカーと何かが違う・・?


従来のキャンピングカーのシェル部分は、外装・内装共に専用設計の流線型の部品が多く使用されているので、キャンピングカー特有の形状と雰囲気を醸し出している車両が多いのですが、

この『トラベルハウス』は元々は住宅メーカーが開発したものらしく、外装から内装までが住宅建材で作られており、窓枠等も住宅用の物。写真の様に後部に設置された出入口のドアもやっぱり住宅用の物だそうです。

その為か、シェルからはどことなく『家感(いえかん?)』が漂ってくるように感じます!

・・正直初めて見た時にはその見た目に少し驚きましたが(;゚Д゚)

実はこれが従来のキャンピングカーとは異なった不思議な魅力となっているのかもしれません。しばらく見ていると何だかワクワクしてきてしまうのですから不思議なものです(^-^)

 ■徹底観察! トラベルハウス 如何ほどの物か!?

このような作りのキャンピングカー・シェルを今まで見たことが有りませんが、せっかくの貴重な機会ですので時間の許す限りじっくり観察させていただきます。

まずはシェルの外側から徹底観察の開始です!

建付けてある窓類は住宅用なので品質は間違いないかと思うのですが、まずは網戸をシャカシャカ、ドアノブをガチャガチャ。・・これはやっぱり普通の家の窓やドアですね(^-^;

・・むしろ気にするべきはこの部分以外の作りの部分でしょう(@_@) 見慣れないモノですが、工業系人間としての目線で見てみます。

外壁の鋼板のつなぎ目の固定の仕方や仕上げ方をまじまじと観察。
その質感や強度のチェックの為に、壁をなでなでコンコンとしながら外周を一周廻ってみたり、、
挙句の果てには地面に這いつくばり、シェル下側までのぞき込んで下側までも観察。。
せっかくの機会ですからね(@_@)

・・・・さて、端から端まで一通り観察が完了しました。・・その結果は!

どこを見てもシッカリと作りこんだ感じ。
ドッシリとした造りをしている感じ。
単純にその作りに関心しました。
壁なんかも十分頑丈です。
作り手が細部に至るまでこだわっている事が伝わりましたよ!
なんだかシェル自体が高級で巨大なアタッシュケースのような物に見えてきました。

これは今までに色々なメディアで目にしてきた手作り感満点のモバイルハウス達とは明らかに異質の物です!

 「トラベルハウスは言うなれば”高品質なメーカー製モバイルハウス”です!」

これはモバイルハウスが欲しいけどDIYでの自作(製作)を諦めた皆様にも必見の製品ですよ('ω')ノ


(・・車屋なので、あくまでも建築素人の感想ですが(^-^; )

『トラベルハウス="旅する家"』なるほどなるほど、”旅する家”とはよく言ったものですね!納得です(^-^)
(・・家が旅すること自体がおかしいとは思うのですが(;゚Д゚)/ )

初遭遇の『トラベルハウス』の存在にいろいろと混乱。。
・・しかし、面白い!

ここまで来ても"謎のワクワク感"が止まりません\(^o^)/


次はドアを開けて室内に入ってみます(=゚ω゚)ノ ガチャッ!

 ■室内に入ってみたら・・意外に次ぐ意外(^-^;


「これは意外に広い !(^^)!」

気になるドアを開けたら、普通に立ったまま室内に入っていける事にまず少し驚いた後、すぐにトラベルハウス室内の意外な程の広さを感じられました。
室内高は約175cm。
これは数あるキャンピングカー達の中でもかなり高いほうでは無いかと思いますが、とにかく中で立ちあがれる空間が確保されている事がこれほど快適に感じるとは!

キャンピングカーの中には、ポップアップルーフといって天井を持ち上げる事で車内高を確保できる様になるものも有りますが、トラベルハウスのシェルは最初から高さがある頑丈な壁面で出来ているおかげで、ポップアップルーフと比べても防犯性能良し、断熱性も良しの広い室内空間を、いちいちポップアップする手間も無く確保できているというメリットが有りそうです。(逆に高さがネックになることも有りそうですが(^-^;)

そんなことを考えながら暫く居たところ・・

 「・・あれっ!今 本当に軽トラックの荷台に乗ってるんだっけ?(._.)」


落ち着いた気分になってきたところで、今度はなんだか普通の家の部屋にいるような錯覚に陥りました。


実はこれこそ『トラベルハウス=”旅する家”』の真骨頂。

なにせ元々住宅メーカーに設計された際にこだわったのが「家としての快適性」なのだそうです。その室内の天井の高さや、壁面等が住宅用建材を使用しながらほぼ全てが平面で構成されている事、住宅用の窓枠やドアが使用してある事、はたまたそれらに兼ね備えられた断熱性や遮音性等の快適性も相まってなのか・・

「これはまるで、ごく普通の家の部屋に居る感覚ですね(._.)」

 普通の居心地すぎる。だけどそれが逆に面白い!


キャンプ等は「非日常」を楽しむものだと思うのですが、トラベルハウスの室内はこれとは真逆の『ごく普通の家の部屋=日常』の様でした。


ただし、この『ごく普通の家の部屋』が、移動させて活用しはじめた時点で、かなり強烈な『非日常性』を生み出すのではないでしょうか!? これは凄いギャップです(^-^;
もし、家の一部を色々なロケーションに移動させながら生活出来たらと想像してみたら・・!



ハイッ!もう色々な妄想が止まらなくなりました(=゚ω゚)ノ

こうして弊社 ㈱オートリペアカワシマは、そのままトラベルハウス販売代理店となったのでした
(笑)

 ■是非とも同じ様に”ワクワク体験”をしていただきたいです!


今回インプレッションをしてみて分かったことが二つあります。
①トラベルハウスはこうした"実体験"が非常に面白い。
②しかし写真ではその感覚が全然上手く伝えられない(^-^;

せっかくですので是非とも弊社にて実物をご覧になってください♪
(※弊社では2022年2月頃からシェルの展示も始めます)



★『トラベルハウス』詳細はこちらへ

>>弊社トラベルハウスTOPページ

 ■『トラベルハウス』のことは岐阜市の『ロータスカワシマ店』へお気軽にお任せください!


「ロータスカワシマ」とは弊社(株式会社オートリペアカワシマ)が加盟している国内最大級の自動車整備工場グループ「ロータスクラブ」における通称名です。トラベルハウスのご用命以外にもお車の事でお困りの際は是非とも弊社にお任せ下さい。
国産全メーカー(レクサスは除く)お任せいただけます! ※現在、輸入車の作業については引き受けを控えさせていただいております。

>>弊社のこだわり 車検・修理


『トラベルハウス』と軽トラック。セットでお任せください!

弊社 ㈱オートリペアカワシマでは新車・中古車を販売しておりますので軽トラックもご購入いただけます。シェルと同時購入の場合はオートローンやカーリースのご利用も可能ですので便利ですよ!また、既にトラベルハウスに適合可能な軽トラックをお持ちの場合はシェル単体でのご購入も可能です。

>>『トラベルハウス』のカーリースについて

★すぐお隣の山県市・本巣市からはじまり、瑞穂市・大垣市・各務原市・関市など、近隣の地域のお客様にもご愛顧いただいております(^^)/
とにかくお気軽にご利用下さい!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検・板金塗装・カー リース・トラベルハウス 等
お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
058-232-4185
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。


お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!