【岐阜市 モバイルハウス】 “旅する家”『トラベルハウス』実機インプレッション!

サブページメイン画像

  • HOME
  • トラベルハウス
  • 【岐阜市 モバイルハウス】 “旅する家”『トラベルハウス』実機インプレッション!

【岐阜市 モバイルハウス
“旅する家”『トラベルハウス』実機インプレッション!

 ~はじめに~

皆さんは『“旅する家”トラベルハウス』の事をご存じでしょうか?
・・お察しするにご存じではないようですね(^-^;

実は“旅する家”トラベルハウスは『モバイルハウス』というものですよ!
・・とは言ってみましたが恐らく『モバイルハウス』の事もご存じではないのではないでしょうか?

人気も知名度もかなり上がってきているけれど、まだまだ稀有な存在である『モバイルハウス』。
そして“旅する家”『トラベルハウス』とは一体どんな物なのでしょうか(゜o゜)?

こちらのページでお話してみようと思います。

---------------------------------------------------------------

●『モバイルハウス』とは?

直訳すると「モバイル:持ち運べる・移動出来る」+「ハウス:家」=『持ち運べる家・移動出来る家』となります。
実はこれ、主に軽トラックの荷台の上にすっぽりと収まる様なサイズに小屋(ハウス)を製作して、そのまま軽トラックに乗せて移動出来るプライベート空間としてアウトドアや車中泊の旅等に利用してみようという物で、「軽トラハウス」とも呼ばれます。

キャンピングカー・シェルと近い存在なのですが、基本的には有志の方々が趣味の延長線上のDIYで自作に挑戦した結果に生みだされたのが起源であって、構造については木材で柱や梁を作り、それに何らかの外板を被せる構造で作成される事が多いようです。(それなので余計に“ハウス=家”と呼ばれるのにふさわしい)

この『モバイルハウス』。かなり革新的な発想では無いでしょうか!?

軽トラックを所持してさえいれば、憧れの“キャンピングカー ライフ”が意外と近くに合ったりするのかもしれませんね! すごく楽しい存在に思えてきます(^-^)

-------------------------------------------------------

●『モバイルハウス』製作のルール

軽トラックの荷台に乗せるモバイルハウスは法規制上、道路を走行する際には“軽トラックの荷物”として扱われる事になります。

それなので、モバイルハウスは軽トラックに搭載可能な荷物の大きさの上限を超えない事や、重さについては最大積載量350kgを超える事なく製作する必要が有ります。
しかし、逆に言えば、これらの規定さえ守れば、「ユニットハウス(プレハブ小屋)」の様なシンプルな形の物から、アイデア勝負の個性豊かなモバイルハウスまで製作することが可能という事です。

普通のキャンピングカーは流石に自作出来なさそうですが、モバイルハウスなら何とか自作出来そうかも⁉︎ やはり大きな夢が有りそうな話ですね!

 ●数年前から動画サイトやTV番組で紹介される様になり『モバイルハウス』ブームが発生


実際に試行錯誤のDIYの末にモバイルハウスを自作された強者(つわもの)の皆さんが日本全国の各地に結構お見えになるようで、色々なメディアを通して情報が発信される様になってきたのです。

オーナー様が自ら作成された手作り感満点のモバイルハウス達は見ているだけでも楽しげなものばかり(^。^)
この文化がもっともっと広がっていって、モバイルハウスが世間でも有って当たり前の存在として認知されていけば良いのになあと思ってしまいました。

その使用方法についても、車旅やレジャーに使用されている方から、それだけでは事足りずに車中泊をしながら日本一周を目指している方もお見えになったり、挙げ句の果てには“車上生活”を送っている・・というか、もう“完全に家として住んでしまっている”様な方までお見えになったりと、兎に角なんだか「凄い文化」なのですよ(^-^;

是非とも一度各種メディアを通してモバイルハウスをご覧いただければと思います♪

-------------------------------------------------------

●なんと別の「ハウス」文化まで台頭

更に最近のお話になるのですが、在宅勤務やリモートワークの増加により「コンテナハウス」や「タイニーハウス」といった小屋(ハウス)をお家の庭先に増設することも人気が出てきたのです。
これならお家をリフォームするよりお手軽そう(゜o゜) お仕事においても日常生活においても、コンパクトなプライベートスペースへのニーズが高まっているのは確かな様です。

そんな時代背景も有り、モバイルハウスは今まで以上に世間の役に立つ存在になると考えられます。
なにせコンテナハウスやタイニーハウスと同じようにも活用出来る上に、モバイルハウスには“自由に移動出来る”という特性が有るのですからその可能性は計り知れないでしょう!
一般的な認知度がもっと上がって、もっともっと実用されて行くべき存在なのではないでしょうか!?

頑張れモバイルハウス!!

 ●しかし、なかなか身近な存在にならない『モバイルハウス』


実はこうしてモバイルハウスの魅力を語っている筆者自身ですら、実用するまでには至らないと考えてしまう、問題も有ったのです(*_*)

●そもそも、モバイルハウスは、あまり市販されていたりするような物でもないので、DIYで製作までしてしまうような強者(つわもの)の皆さん以外には、動画サイトやTV番組といった『メディアにおいて楽しむための珍しい存在』というだけの存在で終わってしまっている??

●DIY製作されたモバイルハウスの雨漏り・破損・重量オーバー 等の運用中のハプニング動画などを面白可笑しく拝見しながらも、その半面では残念ながら “実用までのハードルは高い”と感じざるを得ませんでした(._.)。。

・モバイルハウスを一定以上の品質で製作するのはかなり難しい。
・モバイルハウスをDIY製作するのは面白そうでもあるけど、かなりの時間と労力が掛かる。
・モバイルハウスは定期的な補修をしないと性能を維持するのが難しい。(雨漏り等が起こる)



・・結局のところ、『モバイルハウス』の事を幾ら面白い存在だと思っていても、実生活に取り入れる事は諦めざるを得ないという事なのでしょうか・・(-_-;)?

なんと “メーカー製のモバイルハウス”が有る!?

 ●名前は“旅する家”『トラベルハウス』と言うそうです。


その存在を運良く知ったのはモバイルハウスへの興味が生まれてから暫く後の事でした。
なんと『トラベルハウス』は、モバイルハウス(軽トラハウス)専門の製造メーカー(株)自遊空間が「商品として製作した完成品のモバイルハウス」なのだそうです。

『トラベルハウス(=旅する家)』とは意外性のある上手いネーミングです^_^
このモバイルハウスなら安心してモバイルハウス生活を満喫できるのでしょうか??
是非とも旅する家で旅がしてみたいところです!

さっそくインターネットでトラベルハウスの実際の評判を探ってみようと、口コミやレビューを探してみたのですが、なんだか今一ピンと来る情報や感想が見つかりませんでした(-_-) ・・この時ピンとこなかった理由は後に現物を見た時にハッキリします。

こうなったら実際にメーカー製モバイルハウスの出来具合を見てみたくもなりますよね( ^ω^ ) 行動あるのみです!



ここからは、そんな流れで出会う事になった初めてのモバイルハウス。
“旅する家”『トラベルハウス』と初遭遇した時の感想をご紹介致します(^^)/
↓↓↓↓

■遂に“旅する家”『トラベルハウス』と初遭遇!
その見た目にインパクト有り。

 その日出会った一台の『トラベルハウス』に思わずじっと注目(@_@)


モバイルハウス『トラベルハウス』を乗せた軽トラックが大きく見える驚き。
キャンピングカー・シェルと比べると珍しいカクカクした形状の新鮮さ。
「どこからどう見ても家用のドア」なドアが付いている意外性。
そして心の底からふつふつと湧き上がってくる“謎のワクワク感”!


『トラベルハウス』を事前に写真で見た時にも感じた事なのですが、やはり実機を前にしてみると全然違う感想となりますね(;^ω^)

これらの感情が更に大きくなりました⤴⤴


・・ここでやっとピンときました。目の前の『トラベルハウス』からは、ネットや紙面上からは伝わってこない“実物が発する存在感”が十分に感じられたのです。

 やはりモバイルハウスと既存のキャンピングカーは
何かが違う・・!


従来のキャンピングカーのシェル部分は、FRP製が多くて、外装・内装共に専用設計の流線型の部品が多く使用されているので、キャンピングカー特有の形状と雰囲気を醸し出している車両が多いですね。

対して、モバイルハウスである『トラベルハウス』は元々は住宅メーカーが開発したものらしく、外装から内装までが住宅建材で作られており、窓枠等も住宅用の物。写真の様に後部に設置された出入口のドアもやっぱり住宅用の物だそうです。

その結果、“旅する家”の名の通りトラベルハウスからはどことなく『家感(いえかん?)が漂ってくるように感じます。さすが実物の『メーカー製モバイルハウス』ですね!

実はこんな感覚が従来のキャンピングカーとは異なった不思議な魅力となっているのかもしれません。しばらく見ていると何だかワクワクしてきてしまうのですから不思議なものです(^-^)

(・・正直初めて見た時は見た目に少し驚きもしました(;゚Д゚) キャンピングカーとモバイルハウスはどの部分が違うのかと言われても、具体的な答えが見つからず漠然としていましたね)



ちなみにこのページで出てくるトラベルハウスは、トラベルハウスSで、追加の小窓、オプション内装色、L型ボックス椅子等、色々なオプションが付いている結構豪華な仕様です。>>オプション詳細についてはこちら

 徹底観察!トラベルハウス 如何ほどの物か!?


このようながっちりとした作りのモバイルハウスを今まで見たことが有りませんが、せっかくの貴重な機会ですので時間の許す限りじっくり観察させていただきます(@_@)

まずはトラベルハウスの外側から徹底観察の開始です!

建付けてある窓類は住宅用なので品質は間違いないかと思うのですが、まずは網戸をシャカシャカ、ドアノブをガチャガチャ。・・これはやっぱり普通の家の窓やドアですね(^-^;

・・むしろ気にするべきはこの部分以外の作りの部分でしょう! モバイルハウスなんて見慣れないモノですが、トラベルハウスの外装については金属加工部分も多いので、工業系人間としての目線で診てみます。

トラベルハウスの外壁の鋼板のつなぎ目の固定の仕方や仕上げ方をまじまじと細部まで観察。その質感や強度のチェックの為に壁をなでなでコンコンとしながら外周を一周廻ってみたり、挙句の果てには地面に這いつくばりシェル下側まで潜り込んで下側までも観察。。

世にも珍しいメーカー製モバイルハウスと触れ合えるせっかくの機会ですからね(@_@)


・・・・さて、端から端まで一通り観察が完了しました。

 ・・その結果は!!


どこを見てもシッカリと作りこんだ感じ。
ドッシリとした作りをしている感じ。
単純にその作りに関心しました。
壁なんかも十分頑丈です。

そう、住宅用建材で製作されながらも「普通の家」では無く軽トラの荷台の上で揺られながら「旅する家」なのですから、かなり頑丈でなくてはならないのでしょうね!

製造メーカーが細部に至るまでこだわったモバイルハウスで有る事が伝わりましたよ!
これならきっと、安心してモバイルハウス生活が送れることでしょう(^。^)


なんだか「旅する家」というより、超巨大な高級アタッシュケースのような物に見えてきたのですが(^-^)

これは今までに色々なメディアで目にしてきた手作り感満点のモバイルハウス達とは明らかに異質のモノです!

 やはり、トラベルハウスは“高品質なメーカー製モバイルハウス”です!

モバイルハウスが欲しいけれどDIYで自作するまでは出来ない!・・とモバイルハウスを諦めてしまった皆様にとって、きっと必見の品ですよ('ω')ノ


・・車屋なので、あくまでも建築素人の感想ですが(^-^;

『トラベルハウス=“旅する家”』なるほどなるほど、『モバイルハウス=持ち運べる家』と似ているけれどちょっとオシャレ!

やはり“旅する家”とはよく言ったものですね!妙に納得です(^-^)
(・・でも、やっぱり家が旅するということ自体はただならぬ事ですよね(;゚Д゚)/ )

初遭遇のモバイルハウス『トラベルハウス』の存在にいろいろと混乱&混乱。。

 ・・しかし面白い。

ここまで来ても“謎のワクワク感”が止まりません(=゚ω゚)ノ


続いて『トラベルハウス』室内の観察に移ってみましょう!

■室内に入ってみた感想は「意外に次ぐ意外」(^-^;

 まずはトラベルハウスのドア前の『ステップ階段』を登って、、


こうして見ると、モバイルハウスの部屋の部分は結構高い所に位置するのですね。窓からの見晴らしも良いのかもしれません。楽しみですね(^-^)

さっそく、ドアを開けて室内に入ってみますよ(=゚ω゚)ノ
ガチャッ!

 おおっ!これは意外に広い!(^^)!」


気になるドアを開けたら、普通に立ったまま室内に入っていける高さが有る事にまず少し驚いた後、すぐにトラベルハウス室内の意外な程の広さを感じられました。

室内高は約175cm。
これは数あるキャンピングカーやモバイルハウス達と比べてみた場合、かなり高いほうでは無いかと思いますが、とにかく中で立ちあがれる空間が確保されている事がこれほど快適に感じるとは!

キャンピングカーの中には『ポップアップルーフ』といって天井を持ち上げる事で車内高を確保できる様になるものも有りますが、トラベルハウスのシェルは最初から高さがある頑丈な壁面で出来ているおかげで、それと比べても優れた防犯性、遮音性、断熱性能などを持った広い空間を、いちいちポップアップする手間も無く確保できているというメリットが有りそうです。(逆に高さがネックになることも有りそうですが(^-^;)


そんなことを考えながら椅子(オプション家具のL型ボックス椅子)に腰かけてみながら暫くの間くつろいでいたところ・・

 ・・・・
「あれっ!今 本当に軽トラックの荷台に乗ってるんだっけ?(._.)」


落ち着いた気分になってきたところで、今度はなんだか普通の家の部屋にいるような錯覚に陥りました。そう、『トラベルハウス』のしっかり作りこまれた室内は本当に“普通”な感じなのです。

実はこれこそ『トラベルハウス=“旅する家”』の真骨頂。

なにせ元々住宅メーカーに設計された際にこだわられたのが「家としての快適性」なのだそうです。
その室内の天井の高さや、壁面等が住宅用建材を使用しながらほぼ全てが平面で構成されている事、住宅用の窓枠やドアが使用してある事。
はたまた室内で感じられる木の内壁の温かみや兼ね備えられた断熱性や遮音性といった快適性も相まってなのでしょうか不思議な感覚にとらわれました。

 これはまるでごく普通の家の部屋に居る感覚ですね(._.)。。
正に “旅する家”だ。


キャンプやアウトドアは「非日常」を楽しむものだと言われますが、少し意外な事に??
トラベルハウスの室内はこれとは真逆の『ごく普通の家の部屋=日常』の様だったわけです。

初めてのモバイルハウス体験からもっと刺激的な感覚が得られるのかとも想像したのですが、、


(後になって分かったのですが、やはりこの感覚はトラベルハウスのように壁・床・天井に至るまで細部を、かなりしっかり作りこんだうえで初めて得られるようです。

良いタイミングで実際に体験出来る機会が得られたことに感謝です(^-^) )

 普通の居心地すぎる。
だけどそれが逆に面白い!

・・『ごく普通の家の部屋』(._.)

ただし、この『ごく普通の家の部屋』が、移動させて活用しはじめた時点で、強烈な『非日常性』を生み出すのではないでしょうか(;゚Д゚)!?

そのギャップがモバイルハウスの最大の魅力でしょう♪

“旅する家”『トラベルハウス』を所持すれば、きっと憧れの「モバイルハウス生活」を安心して遅れる事でしょう(^o^)


もし実際に、家の一部を色々なロケーションに移動させながら生活出来たらと想像してみたら・・ ・・ ・・・!!

 ハイッ! もう“色々な妄想”が止まらなくなりました。。
レッツ・ゴー
キャンピング(=゚ω゚)ノ


・・こうして弊社(株)オートリペアカワシマは、モバイルハウスという面白い存在!面白い文化!をもっと世に広げる為に、そのまま(株)自遊空間 製トラベルハウスの販売店となったのでした(笑)


ー 2022.5 追伸 ー
ロータスカワシマ店では自社デモカーを製作し “色々な妄想” を少しでも具現化してみようと、プロジェクト(小粒な企画ばかりですが(^-^;)を開始しております。このページ下部のリンクから各種記事をご覧ください!

■『トラベルハウス』のことは岐阜市の販売店『ロータスカワシマ店』へお気軽にお任せください(^^)/

「ロータスカワシマ」とは弊社(株式会社オートリペアカワシマ)が加盟している国内最大級の自動車整備工場グループ「ロータスクラブ」における通称名です。お車の事でお困りの際もお任せ下さい! 
すぐお隣の山県市・本巣市からはじまり、瑞穂市・大垣市・各務原市・関市など、近隣の地域のお客様にもご愛顧いただいております(^^)/ とにかくお気軽にご利用下さい!


▼『トラベルハウス』のデモカーを実際にご覧頂けます!
是非とも写真では伝わり切らない魅力を体感してみて下さい!
※必ず事前にご予約下さい。モバイルハウスを自作したい場合の調査としての見学等は一切お断りいたします。トラベルハウス TOPページ

▼『トラベルハウス』のカー リースも可能です!
弊社は、ロートピア・カーリース特約店です。既に『トラベルハウス』に適合可能な軽トラックをお持ちの場合はシェル単体でのご購入も可能ですが、『トラベルハウス』と軽トラックを同時購入の場合はカー リースやローンのご利用も可能です。

トラベルハウス の カーリース

 ■是非とも同じ様に”ワクワク体験”をしていただきたいです!

今回インプレッションをしてみて分かったことが二つあります。

①モバイルハウスである『トラベルハウス』は、こうした"実体験"が非常に面白く、実際に触れ合ってみると使用イメージも湧きやすい!


②(尚且つ)不思議なものなのですがインターネット上の情報や写真ではその感覚が全然上手く伝えられない(^-^;


弊社では定期的なトラベルハウス展示会を開催予定です。是非ともご来店下さい(^^)/

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検・板金塗装・カー リース・トラベルハウス 等
お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

★全業務で国産全メーカー(レクサスは除く)お任せいただけます!
※輸入車の作業については引き受けを控えさせていただいております。
※不正改造車の作業依頼はお断りさせていただきます。



お電話でのお問合せは
058-232-4185
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

トラベルハウスの他のページ