岐阜市 【車★板金塗装 日記⑫】岐阜市 ダイハツ ムーブ キャンバス 修理 追突被害 リアバンパー回り オートリペアカワシマ

画像

  • HOME
  • 板金塗装・保険
  • 【車★板金塗装 日記⑫】岐阜市 ダイハツ ムーブ キャンバス 修理 追突被害 リアバンパー回り

【車★板金塗装 日記⑫】岐阜市ダイハツ ムーブ キャンバス 修理 追突被害 リアバンパー回り

 追突被害でリア回りを損傷(>_<)

岐阜市のK様より追突被害によるキャンバスの板金塗装修理をご依頼頂きました。
遠目から見ても浮いてしまっているバンパーや変形したバックドア等が目立つくらいですね(*_*)
・・本当にお気の毒様です!
これだけの損傷を受けたのに大きなお怪我は無かったようで何よりでしたが、、

 バックドアの隙間右側

後ろ全面に追突されている感じなので、まずはバックドアのズレを見ていってみましょう!
こういう場合は左右を比べてパネルのずれを見ていくと分かり易い物なのです(゜o゜)
右側はバックドアが本来あるべき位置より、奥側に入ってしまっているのが確認できますね!これは結構押されて入ってしまっていますよ。

 バックドアの隙間左側

右側の隙間を頭に入れた状態で、今度は左側の隙間も見ていきます!
これを見ると左側も右側と同じくらいに奥に入ってしまっていますね。
後ろから真っすぐに結構なスピードでぶつかられた様な衝撃力が想像できます!
・・しかし、なかなかヒドイですね(>_<)

 板金塗装不可能な樹脂製バックドアです!

一枚丸ごとプラスチック樹脂で成型されているバックドアはパックリ割れてしまっています(>_<)
以前の修理事例でも触れたことがありましたが、最近の車のバックドアは金属製ではなく一枚丸ごとプラスチック樹脂製のものが増えてきているのですよ!燃費性能UPを狙う軽量化の為なのでしょう。
残念ながら、この一枚丸ごとプラスチック樹脂製のバックドアは板金塗装できません(-_-;) 今回も一枚丸ごと新品に交換します。その他の部分でも、フェンダー・ボンネット等もプラスチック樹脂化が進んできております。

 トランク部分の下側もかなり押されています。

バックドアを開いて覗いてみたところです。
荷室の底面パネルが浮いていたので取り外してみたところ、その下にある発泡スチロール製の荷物入れ部分が圧迫されて、この通りの状況です。
早くこの部分も外して損傷部分を直接見てみたいものです('Д')/

 外装を外して内部の損傷確認。

さて、ここに来て内部の損傷の確認作業まで来ていますが、ここでも外装の損傷チェックと同じ要領で、ちょうど真ん中から対称方向に左右形状の差を確認していくと左右で形の違いが見易いのです!
(間違い探しみたいですが、やはり色々なところが変形していることが確認できます)

 追突事故被害なので細かい部分まで損害をチェック。

「追突事故被害の修理」の場合は、損傷個所を洗いざらい見つけ出した上で完璧に修理を行っていく事が重要になってきます。修理額と修理中のレンタカーは加害者側が負担するのが標準的なルールです。
修理箇所は今回の場合などでは写真の指さしている部分のような細かい変形にまで及びます。
(実はここまで完璧に修理したとしても被害者側の車には「修復歴車」という肩書きが付いてしまうので完全な貰い損なのですけどね(-_-;))

 予想した通り損害は大きめ(>_<)

一番ひどい衝撃力を受け止めてクシャクシャに損傷したエンドパネルはスポット溶接部分をドリルで削りエアソーでパネルをカットして取り外しました。
今度は新品のパネルを溶接で取付けられるように残ったフロアパネル部分を叩き出し(ハンマリング)で作っていきます !(^^)!

 だいぶん形が出来て来ました。

先程叩き出したフロアパネルを土台として、新品エンドパネルをフィッティング中です。
テールランプも取付けて全体の寸法を確認。
写真では写っていませんが、新しいバックドアも寸法を測る為に取付けて有ります。
元通りにきっちり収まるのが確認できた時点でエンドパネルは溶接&塗装作業の実施となります!

 祝\(^o^)/完成披露!

新品バックドアとバンパーも取付けて、ついに完成!
見た目(外装)も中身(骨格部分)もキレイになって帰ってきましたよ。
走行性能的にも全く問題なしです。
久しぶりに再会できたオーナー様も大喜びでした。

お車の事は是非とも弊社にお任せ下さい(^^)/

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
058-232-4185
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。


お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!