岐阜市 【車検・修理 日記⑱】岐阜市DPF(DPR・DPD) 洗浄 WAKO'S ワコーズ ディーゼルツー アテンザ【動画】 オートリペアカワシマ

画像

  • HOME
  • 車検・修理
  • 【車検・修理 日記⑱】岐阜市DPF(DPR・DPD) 洗浄 WAKO'S ワコーズ ディーゼルツー アテンザ【動画】

【車検・修理 日記⑱】岐阜市DPF(DPR・DPD) 洗浄WAKO'S ワコーズ ディーゼルツー アテンザ【動画】

 ★『WAKO'S ワコーズ ディーゼルツー』で、詰まりがちなDPFをクリーニング!(^^)!

環境対策ディーゼル車に搭載されているDPF(DPR・DPD)の目詰まりご用心!
燃やしきれ無い煤が溜まってしまうことが度々起こります。

DPFの洗浄は、大変大がかりな作業が必要だったのですが、ケミカルメーカーWAKO'Sが新開発した「ディーゼル2」がDPFの洗浄作業に革命をもたらしました(゚Д゚)!

これは、これからのディーゼル車にとって定番の作業となるのではないでしょうか!?

 ▼今回『ワコーズ ディーゼルツー』でDPF洗浄を実施させて頂いたのはコチラのお車!

H27年 マツダ アテンザ (SH ディーゼルエンジン) 5万㎞弱走行されたお車に実施させて頂きます !(^^)!

「最近DPF再生がかなり頻繁に起こるので何とかしたいのです・・」 (DPF再生:ページの下の方をご参照下さい)

・・との事で、お客様のお話では、頻繁な時は100km走行毎に自動的に「DPF再生」が作動するようで、それに伴い燃費も落ちているそうです(*_*)
確かに何らかの対策をしたいところですよね! お気持ちお察しいたします(^-^)

 さっそく洗浄剤『WAKO'S ワコーズ ディーゼルツー』をDPFに注入!

《ディーゼルツー取扱説明書より》
・本品を良く振ってください。(30回以上)
・本品とロングノズルを接続して、正位状態でボタンを押し、出し切ってください。

まずは取説の指示に従って、目一杯振ってから1本丸々注入します!

※注入方法が車種により異なるので、料金については現車確認後にお伝え致します。

 実際に目で見る事はかないませんが・・もこもこした泡ムースでの『DPF洗浄』です!

《ディーゼルツー取扱説明書より》
(ディーゼルツーを一本丸々流し込んだ後に)
・10~20分放置して下さい。洗浄剤が浸透する事で、より効果的になります。

弊社では浸透時間をMAXの「20分間」取ります(^^)/

 洗浄剤の浸透時間をしっかりとった後エンジン始動。

《ディーゼルツー取扱説明書より》
・エンジン始動し30分以上アイドリング暖機をしてください。

・・ここは30分の暖機で行きます!

 エンジン暖機後に診断機でDPFの「強制再生」を実施! 白煙がモクモク出ます。

《ディーゼルツー取扱説明書より》
・「手動再生」もしくは診断機による「強制再生」をスタートして下さい。

今回はより強力な診断機による「強制再生」を実施!

お任せ頂いたからには、より高い効果が望める方法を選定して実施していきたいところです(^-^)

 ▼ディーゼルツーのクリーニング効果はいかなるものでしょうか!?

↑ワコーズさんの資料にサンプル写真が掲載されております。

これを見てみると、DPF内部の煤に対する高い洗浄効果が期待出来そうですね!

 試しに診断機でも観察してみました(@_@)

作業前に計測した値と作業後に計測した値を見比べると、「DPF排気差圧」の項目に変化が見られました。
この数値を見てみると、排気ガスの抜けがかなり良くなったように見えますね♪
(作業時間内に全くの同条件で数値を計測出来たわけではないので、参考程度ですが(^-^;)


この度は弊社をご利用頂きありがとうございました! これからもお大切にお乗りください(^^)/

 WAKO’S ワコーズ ディーゼル2で『DPFDPR・DPD)』クリーニング!

『DPFDPR・DPD)とは?
DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター。DPR・DPDとも言います)は近年のディーゼル車に取り付けられている、黒煙の原因となる粒子状物を回収して再燃焼させる装置の事です。(この再燃焼の行程を「DPF再生」と言います。オーナー様が任意でDPF再生できる車両と、出来ない車両が有ります)
最近のディーゼル車は昔のディーゼル車の様に真っ黒な排気ガスをまき散らして走っているのを見なくなったのはこの装置のおかげが大きいのです。


DPFが詰まりがち? こんな症状にご注意!
エンジンから排出されるススを回収している「DPF」は常にススまるけになる部分でもあるので、お車の使用状況によっては、段々と通常のDPF再生だけではススの処理が追いつかなくなりDPFが目詰まりしてきてしまう場合が有ります。

・「DPF再生」が頻繁に実施されるようになってきた。
・燃費が落ちてきた。
・エンジンパワーが低下してきた。


こんな症状が出初めても放置し続けた場合、DPFの目詰まりが一定以上を越えた時点で「走行性能の重大な低下」や「DPFその物の故障」を引き起こす可能性が有ります。

DPF自身がかなり高額な部品である事や、先述のインジェクター故障との関連性の精査の為にもDPFを健全に保つためには「事前のメンテナンス」が大切になってきます。
元来、メーカーの修理書に従うと車両からDPFを取り外してDPF洗浄を行う大掛かりな洗浄作業が必要で、作業にも相当な時間がかかる事がネックだったのですが・・


『WAKO’Sワコーズ ディーゼル2』ならDPFを車両から取り外さずに高い効率で洗浄可能です。
『DPF』には定期メンテナンスがお勧めです(^^)/


※ディーゼル2の料金等はコチラのページでご覧ください。
>>燃料系・吸気系・排気系 修理&整備TOP



★お車の事は何でもオートリペアカワシマにお任せください!
>>弊社のこだわり 車検・修理
すぐお隣の山県市・本巣市をはじめ、近隣の地域のお客様にもご愛顧頂いております(^^)/
とにかくお気軽にご利用下さいm(__)m

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
058-232-4185
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。


お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!